2014年

3月

29日

吉祥寺チャレンジクイズ第八回!

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

27日

駐車場使用料、どうなってますか?

先日あるマンションから依頼があって長期修繕計画の見直しをしましたが、

普通ならば駐車場使用料収入全額が資金計画に算入されているべきなのに、

わずか2~3割程度しか計上されていませんでした。

 

当然、駐車場の維持修繕費の半分にも届かず、

それどころか、修繕積立金全体も大赤字。

そしてこれを作った管理会社は、

修繕積立金を従前の3倍も値上げすべきだと提案してきたと言います。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

26日

あなたのマンションを守るための、一冊。

今日は、建物の劣化に関する本の紹介です。

 

マンションの不具合・劣化 総覧」大場喜和著 日経BP社

 

一年ほど前に出版された本なので、お読みになった方もおられるかもしれませんが、

マンション建物の劣化についてわかりやすく学べる本です。

 

「できるだけ多くの事例を短時間で見ることで、

維持修繕についてあまりに無頓着な管理組合の姿勢も、

不安にあおられてどんどん修繕積立金をつぎ込んでしまう担当理事の焦りも、

どちらも解消できるのではないか」

 

「多くの事例を見ることで自分たちのマンションの“立ち位置”について

理事会や居住者の間で共通のイメージを持つことができれば、

長期修繕計画や大規模修繕工事の内容を見直す意思決定もスムーズになるはずだ」

 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

24日

無料相談会のお知らせ。

先日もお知らせしましたように、

国分寺市のマンション管理相談会が、

3月26日(水)に、国分寺市役所で行われます。

今回は相談員として当研究所の久保マンション管理士が参加します。

 

国分寺市、武蔵野市の今後の無料相談会のスケジュールも、

決まりつつありますので、こちらをご覧ください。

 

どちらもそれぞれ、武蔵野市、国分寺市在住の方限定ですが、

各自治体で同様の相談会を行っているところも多々ありますので、

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

22日

吉祥寺チャレンジクイズ第七回!

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

19日

なんでも安けりゃいいってもんじゃない。

昨日、武蔵野市の「住まいのよろず相談」に相談員として行ってきました。

 

これは、月一回、第三火曜日に武蔵野市役所で行われている無料相談会で、

一戸建てからマンションまで、

「住まう」ことに関することならなんでもお答えするという催しです。

 

事前予約制で、今までは月一回あるかないかといった感じだったのですが、

昨日は合計三つのマンションの方からのご相談がありました。

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

15日

吉祥寺チャレンジクイズ第六回!

続きを読む 2 コメント

2014年

3月

13日

池上彰さんとマンション管理

池上彰さんといえば、今やその名を知らない人がないほどの大活躍ぶりです。


そんな彼の人気の秘密は何かと考えてみれば、
 世界情勢、経済事情から社会問題にいたる世の中の森羅万象を
子供からお年寄りまで誰にでもわかるように説明してくれる、
そのやさしくていねいな語り口なんでしょう。

世の中が複雑になればなるほど、それを理解するために様々な専門知識が必要となり、
それを説明するためにたくさんの専門用語が飛び交うことになります。

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

08日

吉祥寺チャレンジクイズ第五回!

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

05日

国分寺マンション管理相談会

来る3月26日(水)、「国分寺マンション管理相談会」が行われます。

 

日時:2014年3月26日水曜日 午後1時30分~4時30分

場所:国分寺市役所市民相談室(第4庁舎1階)

問合せ:国分寺市役所総合情報課市民相談室(代表 0423-25-0111)

 

相談時間は一組1時間。相談員として、久保マンション管理士が参加いたします。

事前予約制ですので、ご相談のある方は上記連絡先までご一報ください。

(※国分寺にお住まいの方に限ります)

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

03日

エンディングノートとマンションの終活

もしもの時に備えて、病気治療、葬儀、相続、財産、連絡先など、

必要なことを書き記しておくノートを「エンディングノート」といいます。

 

じつは、「吉祥寺マンション研究所」の久保克裕マンション管理士

そのエンディングノートの専門家でもあります。

 

お父上の久保峰雄さんが病に倒れられたときにエンディングノートに出会ったこと、

その後、自身も実践しながらエンディングノートと深くかかわってきたこと、

そんな久保さんの体験は、雑誌「AERA」(左写真)や、

NHKのテレビ番組でも紹介されました。

 

エンディングノートと聞くと、高齢者のイメージが浮かぶかもしれませんが、

最近では30代、40代の若い世代でも関心を持つ人が増えてきていると言います。…… 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

01日

吉祥寺チャレンジクイズ第四回!

続きを読む 0 コメント

ブログ カテゴリー

新着ブログ