マンションの10年問題

先日築9年のマンションから漏水に関する相談依頼があったので行ってきました。

 

屋上からの漏水であること、築10年以内であることから、

アフターサービス補修の請求ができること、

他にも同じ工法の箇所で漏水の可能性はないか、

もしも可能性があれば早急に調査を行うこと、

などをアドバイスしてまいりました。

 

アフターサービスの期限を迎えることのほかにも、

約5年ごとに行われる長期修繕計画の第2回目の見直し時期を迎えること、

第1回目の大規模修繕工事に向けてそろそろ準備を始める時期であること、

管理や建物設備で、さまざまな問題が浮き彫りになってくること、

など、マンションにとって10年目とは、いろいろな意味での節目となります。……

 

このマンションでもお話を伺ううちに、

見直しに対応できていない長期修繕計画や管理規約の不備や、

低く見積もられすぎている修繕積立金、

契約台数が減ってきて将来への不安が増す駐車場問題、

など、さまざまな問題点が明らかになってきました。

 

しかしその一方10年も経ちますと、

早いところでは理事会のメンバーも一巡して、

住民の方々の管理に対する意識や知識も高まりを見せてきます。

 

管理のあらゆる項目を精査すれば、

さまざまな問題点が明らかになることでしょうが、

経験を積んだ管理組合が知恵を絞ってそれに当たれば、

問題解決になると同時に、

さらに将来に向けた管理組合の意識向上にもつながることでしょう。

 

マンション10年問題を上手に乗り越えていただくために、

吉祥寺マンション研究所は様々なメニューを用意してご支援、アドバイスをいたします。

 

まずは、マンション健康診断を受けて、問題点の整理をしましょう。

 

また、ご相談、ご質問があればこちらまでどうぞ!

ブログ カテゴリー

新着ブログ