第十回

Q-1  吉祥寺南北自由通路完成記念パレードに登場しないキャラクターは次のうちどれ?
正解は【②まことちゃん】
 
駅ビルの改築工事に伴って長らく通行に支障をきたしていた吉祥寺駅南北自由通路が、来る4月13日(日)に開通します。従来の駅南北通路は、幅が狭く経路も複雑でしたが、今回の工事で直線化と拡幅が行われて、駅南北の行き来がスムースにできるようになりました。これを記念して、地元の小、中、高、大学などを中心とするパレードや、さまざまなイベントが行われますが、そんな中に、武蔵野美術大学制作による「象の花子」や、アニメの街吉祥寺にふさわしく、実物大の「機動警察パトレイバー」も登場して、イベントを盛り上げる予定です。

 

Q-2  井の頭線のステンレス車両のカラーリングは何色?
正解は【②7色】
 
井の頭線のステンレス車両には編成毎にカラーリングが施されてますが、色はブルーグリーン、アイボリーホワイト、サーモンピンク、ライトグリーン、ラベンダー、オレンジベージュ、スカイブルーと全部で7パターンあり、「レインボーカラー」といわれています。カラーリングされた理由は、、「銀色ばかりではつまらないから」「相互乗り入れをする路線ではないため自由に決められた」などと言われていますが、客が忘れ物をした時など思い出しやすい、などと言ったメリットもあるようです。いかにも井の頭線らしい、明るく、楽しいアイデアですね。
 
Q-3  吉祥寺サンロード沿いにある月窓寺観音堂脇にあるのは誰の像?
正解は【③三蔵法師】
 
吉祥寺の安養寺、光専寺、蓮乗寺、月窓寺は四軒寺と呼ばれています。いずれも、寛文元年(1661)小石川の吉祥寺火事による門前住民の移住とともに、現在の吉祥寺に移築されてきたものです。吉祥寺西友の向い、サンロードに面した曹洞宗系の月窓寺の観音堂に安置された白衣観音坐像は、武蔵野市内最古の銘(元禄二年)を持ち、武蔵野市の重宝に指定されていますが、境内にはほかに、西遊記で有名な玄奘三蔵法師(602~664)の像もあります。
 
Q-4  井の頭在住だった作家夫婦は次のうちどれ?
正解は【②吉村昭・津村節子】
 
作家の吉村昭津村節子夫妻は、数多の住み替えを経て、昭和44年から井の頭公園の近くの閑静な住宅街に暮らしていました。「除夜の鐘の鳴る夜には、井の頭公園の弁財天に初詣をし、帰途にその店に寄るのが習わしであった。」(吉村昭「ひとり旅」より)。吉村昭は生地である日暮里の下町風情に似ていると、井の頭のあたりの雰囲気を愛したと言います。「秋が深まって公園の落ち葉が厚く散り敷かれるようになると、夕闇が濃くなる頃、家の近くの道の曲がり角に夫の姿が現れ……」(津村節子「夫婦の散歩道」)、このようにしてお二人は外出の帰りの待ち合わせをしたのだと言います。
 
Q-5  吉祥寺駅南口にあるカフェ「NORTH VILLAGE」で楽しめる海外の風物は?
正解は【③水タバコ】
 
吉祥寺駅南口にある「NORTH VILLAGE BOOKS & SHISHA(ノースヴィレッジ)」では、エジプト発祥の水タバコ(SHISHA)が楽しめます。アップル、マンゴー、ミント、チョコレート、シナモンなど、100種を超える種類があって、ミックスも可能とのこと。また、出版社が経営するカフェのため、店内では様々な書籍、雑誌、漫画が取り揃えられています。さらには、様々な国籍のお客さんも多く、そういった方々とのコミュニケーションを楽しむこともできるかも。ゆったりとした空間の中で、ちょっと浮世離れした体験ができるのではないでしょうか。

 

ブログ カテゴリー

新着ブログ