第十一回

Q-1  武蔵野中央公園で隔年開催されているフェスティバルの種目は?

正解は【①凧揚げ】

 

武蔵野中央公園は武蔵野市八幡町にある都立公園です。公園面積は100,898.20m²。樹木数は977本、16,260株。桜、クヌギ、ケヤキ、山茶花、アジサイ、ツツジ等の植物が季節ごとに楽しめます。また、園内には原っぱのほか、遊具広場、テニスコート、ゲートボール場、バーベキュー広場もあります。この広い原っぱを活用して、新春には恒例の凧揚げ大会が、地元武蔵野カイトクラブの協力で開催されます。

 

Q-2  「吉祥寺音楽祭」に歌手として出演したことのあるのは次のうち誰?

正解は【①大杉蓮】

 

吉祥寺音楽祭」は文化芸術都市・吉祥寺の街の活性化の一環として1986年にスタートしました。毎年ゴールデンウイークに吉祥寺、井の頭公園を舞台に、『吉音コンテスト』『スーパーステージ』『公園コンサート』『JAZZコンサート』など、ジャズを中心としたさまざまなイベントが展開されています。吉祥寺駅前北口広場にて開催される屋外ステージライブには、吉祥寺をこよなく愛した高田渡をはじめ、大杉蓮、佐野史郎、木根尚登なども出演しました。

 

Q-3  旧駅ビル「ターミナルエコー」に入る話のあった施設は?

正解は【③場外馬券売り場】

 

先日開館した吉祥寺新駅ビル「キラリナ」の場所には、かつて「ターミナルエコー」というビルが建っていました。1970年、専門店やレストランを中心としたテナントビルとして開業しましたが、駅からのアクセスが悪かったり、周辺に競合ビルが次々とできたために苦戦を強いられました。一時は場外馬券売り場を誘致するなどの話もありましたが、住民の反対でとん挫。次々とテナントビルも撤退して「幽霊ビル」というありがたくない名前を頂戴することになりました。その後1996年には「ユザワヤ」が出店。そして今年の4月には「キラリナ」として新しく生まれ変わりました(写真は「ユザワヤ」時代のものです)。

 

Q-4  次のドラマのうち武蔵野市の小学校が撮影に使われていないのはどれ?

正解は【③教師びんびん物語】

 

「熱中時代」(ねっちゅうじだい)は、1978年から1981年まで、日本テレビ系列で放送されたドラマシリーズです。水谷豊の演じる北野先生が、赴任した小学校でのさまざまな困難に立ち向かう姿が共感を呼び、最終回の視聴率は40%を超えたと言います。舞台となる若葉台小学校のロケは、武蔵野市立第三小学校でロケが行われました。またTBSで1984年に放送された田村正和主演のドラマ「うちの子にかぎって」にも、第三小学校がロケに使用されました。

 

Q-5  吉祥寺の「B級グルメ研究所」が経営している店は何の専門店?

正解は【②ナポリタンスパゲッティ】

 

吉祥寺「B級グルメ研究所」の経営する「パンチョ」はナポリタンスパゲッティの専門店で吉祥寺のほか池袋、渋谷、新橋、秋葉原などにも出店しています。アルデンテなんて知らないよ、とばかりのモチモチに茹でられた太麺のスパゲッティに、こってりとケチャップ中心のソースをからめた、懐かしさ満点のナポリタンを楽しめます。パスタの量が小盛り(300g)、並盛り(450g)、大盛り(600g)と選べてどれも同一料金ですが、さすがに大盛りは半端ない量なので、初心者や女性はまず小盛りから試してみることをお勧めいたします。店内一杯に飾られた80年代の映画やアニメのポスターも楽しいですよ。

 

 

 

ブログ カテゴリー

新着ブログ